TOP >> 髪が抜ける?頭皮の《脂漏性皮膚炎》が悪化する3つの【原因】とは?

《脂漏性皮膚炎》頭皮のかゆみやフケが悪化すると“髪の毛”が抜けるてくるって本当!?

 

頭皮の《脂漏性皮膚炎》が悪化すると主に3つの症状があります。

 

①かきむしる程の強い “痒み”

②毎日、シャンプーしても出てくる “フケ”

③かゆみやフケがひどくなると一時的に “髪の毛” が抜ける

 

頭皮の《脂漏性皮膚炎》は、元から原因を改善していかないと

 

症状が “悪循環” になる場合があるので症状が軽いうちにケアしていきましょう。

 

 

頭皮の《脂漏性皮膚炎》が悪循環になってしまうパターンとは?

 

痒みが激しいといつも以上に強くシャンプーしてしまい“爪” で頭皮を

 

引っ搔いてしまって血がにじんで “カサブタ” になったり

 

触ると痛い!蚊に刺された様なブツブツした “腫れ” が出来てしまいます。

 

 

シャンプー時には、強くゴシゴシと頭皮をこすってしまい皮脂を余分に洗い流してしまいます。

 

そうすると乾燥を防ぐためによけいに “皮脂” が分泌してきます。

 

 

頭皮の皮脂が多いからと、洗浄力の強シャンプーを使うのも逆効果なってしまいます。

 

 

 

頭皮の皮脂が、【紫外線】を浴びると “酸化” して固くなり毛穴が詰まりやすくなります。

 

そうすると人間の皮膚に普段から付いている 【常在菌】の 《マラセチア真菌》が増殖してきます。

 

 

《マラセチア真菌》の出す “代謝物“ が頭皮の “炎症” を起こし症状を悪化させていくのです

 

 

《マラセチア真菌》は、体に付く “カビ” の一種であり

 

最近では、頭皮の《脂漏性皮膚炎》の主な【原因】と言われています。

 

 

この状況が続くと、頭皮は赤みが出て腫れぼったくなったり

 

“抜け毛” 一時的ですが増えてしまいます。

 

 

また、顔の脂漏性皮膚炎も《マラセチア真菌》が主な原因です

 

「脂漏性湿疹」や「酒さ」による顔の赤み、人前で気になる《赤ら顔》になってしまいます。

 

皮脂腺の多い頭皮・鼻の周り・頬(ホホ)・顎(あご)・おでこの順で “炎症が” 起きやすくなります。

 

 

顔の《脂漏性皮膚炎》の赤ら顔には、刺激の少ない無添加の化粧水で

 

赤みの元の【毛細血管の広がり】に効果の期待できる

 

赤ら顔専用の化粧水でしっかりと保湿ケアをしていきましょう。

 

 

頭皮の《脂漏性皮膚炎》早く治したいですね。

 

痒みが強いと、なかなか仕事や勉強に集中できなくなります。

 

 

中には、症状の強さから “HIV ”と勘違いして

 

最寄りの “保健所” にHIVの検査に飛び込んでいく人もいる程です。

 

 

 

自宅で出来る《脂漏性皮膚炎》のセルフケア

 

頭皮の《脂漏性皮膚炎》のセルフケアで大事なのは、

 

皮脂を落とし過ぎない刺激の少ないシャンプーで清潔に頭皮を保つことです。

 

 

気になるシャンプーの頻度は、一日1回で十分です。

 

 

刺激の少ない《脂漏性皮膚炎》専用のシャンプーを使用して

 

コンディショナー(リンス)を使用する時は、ノンシリコンのコンディショナーで

 

頭皮・地肌に付かないように毛先を中心に使用していくのがポイントです。

 

 

コンディショナー(リンス)の保湿剤の中には、皮脂に近い成分は、

 

《マラセチア真菌》の栄養になってしまいます。

 

 

そのため、コンディショナー(リンス)を使用する時は、頭皮に付かないように気を付けていきましょう。